カテゴリー別アーカイブ: 大人の美姿整レッスン

新しい自分への挑戦~美姿勢トーニング講師養成講座2期~

yjimage (2)

骨盤底筋からのコアトレ『美姿勢トーニング』の講師が新たに誕生いたしました。

私は今期は仕事と重なり、最終日の昨日のみの参加でしたが、修了証の授与に立ち会うことができました。

すでに各分野でご活躍のスペシャリストの方々が集うことが美姿勢トーニング講師養成講座の特徴かなと感じています。

からだつくりと一言でいってもその概念は様々で、ご存じのとおり山のようなボディメソッドがあります。

何にヒットし、何を自分の生活に取り入れるのかは、その人が生きてきた過程の中で選ぶような気がするのですよね。

どんなメソッドを選んだとしても体を整えるという目的には変わりなく、

そして何を選んでもたどり着くところは同じだと思います。

だって、体のメカニズムは同じなのですから。

美姿勢トーニングは、骨盤底筋を始点とした体幹トレーニング法です。

だけど、ハードな筋トレや運動などではなく、

呼吸に従って、どんな向きで、どんな風にカラダを使えばカラダは喜ぶのかが体感できるワークだと私は感じています。

その結果として姿勢いが良くなり、ボディラインが整い、しなやかさが表面に出てくると思っています。

形ではなく在り方を問う、そんなボディーワークかなと。

呼吸ではじまり、呼吸に戻る。

フォーカスは『息を吸う』という動作

ココがうまく進むと、骨盤底筋への意識や、関節の可動域の広がり、坐骨で座る、上体を上にスッと引き上げ立つ、歩くが、より快適になっていくように思います。

呼吸が姿勢をつくり、動作をつくり、自分として表れる・・・そんな風に感じます。

ダウンロード (10)

カラダは小宇宙の言われるように、一定のリズムで奏で、メカニズムはいたってシンプルなもの

それを難しくしているのは自分なのかもしれません。

ボディワークから学ぶこと、本当にたくさんです。

講師養成講座での私の役割は受講生さんの基本姿勢へのアドバイスを行うこと

長年染みついたカラダ使いのクセを、骨組にそったカラダへ整えることが美姿勢トーニングの本質です。

受講者さんが自分のカラダのクセと向き合い、それを整えることで受講生さんのボディラインが変わるのはもちろん、

カラダ使いのクセを感じることで、自分の在り方にも気づきが訪れ、息が吸いやすく、楽に姿勢を保つことが可能になっていくのだろうなと

今回も感じました。体の中の気が通る。。。そんな感覚でしょうか。

カラダって愛おしくて面白い。

そして人って素敵です。

4日間の講座を修了されて、みなさんの目がキラキラして、ワクワク感が伝わって来ました。

終わりは始まりのスタートでもあります。

それぞれのフィールドでそれぞれの個性の色をつけ

このボディワークが広がっていくことを願っています。

100年先の地球まるごと元気で幸せに♪

そんな想いを乗せて。

received_1012385075497974

綺麗なおねえさんはお嫌いですか?

DSC_0574

美しさ

キレイ

美意識

そこへの想いは人それぞれかな~と思いますが。。。

女性って、男性もそうかな?

小さい頃からあこがれの人っていると思うのですが

いかがですか?

私はね、あこがれの女の子がいたのです。

保育園の時、りかちゃんという女の子にあこがれていて

りかちゃん人形がとても人気だった時代です

名前も素敵って思ったし

その名前に引けを取らない容姿も素敵で

手足が長くて、髪もサラサラのロングヘアーで、いつも可愛い髪留めしていて、

洋服はいつも可愛いスカート。

靴下もどこで買っていたのか、いつもヒラヒラした可愛い靴下をはいていてね

お父さんもパイロットでカッコいいな~と思っていたし

お母さんもとっても美人で

一家まるごと素敵☆って、思っていました

そんなりかちゃんは同じ歳なのでお友達になろうと思えばいつでもなれたはず

だけど、あこがれすぎてお話もまともにできなくて

いつも遠目から見ている、、、そんな存在の女の子でした

20130626_yuko_19

幼少の頃のわたしを客観的に見てみますと

あこがれの子を勝手にイメージし、自分と比較して、

無い自分、いけてない自分を勝手に作り出し自分を卑下していた。。。

そんなことが浮かび上がってきます。

私はどんな女の子だったかというと、

足が速く、活発

女の子と遊ぶより、男の子と遊ぶ時の方が楽しくて

あやとりより自転車・・・

正義感も強くて勝気だったので

女の子から姐さんみたいに慕われていて

私にあこがれる女の子もたくさんいたのだけど

そんな想いは受けとれず、無いばかりを追いかけて万年自分卑下。

だって私の理想は活発より、柔らかい女の子

あこがれのりかちゃんみたいになりたかったから。

でも、あこがれのりかちゃん像は私には遠い存在で

自分に無いところを探してばかりだから

なること自体、絶対無理!。。。

もし、今、幼少の頃のわたしに会って話ができるとしたら

あこがれのりかちゃんに抱いているイメージがどんな風なのかを書き出してみて

そこへなっていけばいいだけと、助言したいな~。

話してみたらりかちゃんも案外普通の子だったりするし

イメージを持たれていること自体、りかちゃんは拒否するかもしれない

りかちゃんになりたい。。。のではなく、

自分がイメージしている、そんな自分になっていきたいだけ

ならば文句を言ってないで、

なれない、なれない、できない、できない、無理~と言ってないで

そこへまっしぐらで行ってしまえばいいのです。

まずは、自分のなかの〝なりたい〟にフォーカスすること

きっと殻は破れるはず。

〝なりたい〟を躊躇しない

〝やりたい〟に蓋をしない

躊躇の扉を開いてみると

自分の中のキレイや美しさが今よりキラキラするように感じるかもしれません。

すべては自分自身が作り出しているに気づきましょう

私はもう充分素敵なのだから

なりたい私へなっていく、ゴールも大事だけど

そこへたどり着くプロセスを楽しめたら、きっと今より愉しくなるよね。

mikisalonでは、そんな想いで日々ボディナビゲーションをしております^^

養生する

yjimage

50歳を迎え、カラダの変化を実感する日々です

45歳~55歳の女性には『更年期』と呼ばれる時期が訪れます

女性には生理という機能が備わっていて

10代前半に初潮を迎え

20代・30代は出産の機会を経る方もいらっしゃり

40代・50代で閉経する

女性ホルモンのなせる業

これも自然の摂理のひとつですね

50歳のわたし

今まさに閉経に向かってまっしぐらでございます

初潮・出産と同じくらいの変化が体感覚としてあり

現に形として現れはじめていたりもします

50歳のわたしが始めたこと

『養生する』

養生というと休むを連想されがちなのですが

★カラダを鍛える

筋トレ、ジョギング、ウォーキング、ピラティス、水泳、ダンス系・・・

★カラダを緩める

瞑想、ヨガ、座禅、ストレッチ、アロマテラピー、エステ、マッサージ、トリートメント・・・

★食事

マクロビ・薬膳・ハーブ・陰陽料理法・グルテンフリー・ファスティング・お母さんの味・・・

★睡眠

時間・質・リズム・・・一番大事な部分かと

鍛えることと緩めることと

同じくらいの配分で無意識に行えることが理想です

無意識に行えること

つまりは習慣にする

若い頃のようにカラダは動いてくれない

自分のカラダを客観視して

できないことが多くなってきたな~と俯瞰する

閉経したから女じゃなくなる

更年期だから不具合起きてもしょうがない

だって、そんな歳だから・・・

ってことよりも

新しい自分に進化していく時

20代、30代のような動き方はできなくなってきたけれど

経験という素敵な宝が備わっているのがアラフォー世代☆

閉経によってカラダがアップデートする

それだけのこと

私は私

何も変わりませんから

下向いてないで

自分らしさでこれからをもっともっと愉しみたいなと思うのですが

いかがでしょう?

佇まいを磨く~角度を変える・軸をずらす~

美姿勢2

良い姿勢で座ってみてください

と投げかけてみますと

多くの方は胸を大きく反らして見せてくださいます

今の体感覚を教えてください

と再び投げかけてみます

腰、背中が痛い

そして腿の前に力が入っています

こう仰られます

人は良い姿勢を作ろうとすると

なぜか少し前のめりになり

カラダのバランス軸が狂うようです

ここで「坐骨」にフォーカスです

坐骨はお尻の一番したの骨

お尻の下に手を入れると当たる骨

それが「坐骨」

ダウンロード

ここを椅子に突き刺すイメージで座ってみます

そうすると骨盤が立ち、背骨がキレイなS字を描きはじめます

背骨S字カーブがキレイに描けると、首(頸椎)、頭(頭蓋骨)がスッ上に伸び

どこにも力が入らず、本来の自然な姿勢になっていきます

最初は難しいのです

だって長年染みついたカラダのクセがありますから

少しずつカラダへの意識を変えていくこと

それが美しい姿勢・・・

その人、本来の佇まいになっていくと思います

骨格がしてほしいようにカラダを使ってみる

そうすることで筋肉も本来の長さ、姿となって働いてくれるでしょう

快適で楽が何よりです

操ろうとせず

考えることをせず

呼吸と共に、ただカラダを感じてみる

本来あるべき形へ戻ります

位置を変えてみる

軸をずらしてみる

美しい姿勢=その人本来あるべき姿

とは、ちょっとのさじ加減で整ってくるように思います

未来も輝かせるためのカラダ使いのコツを

美姿勢トーニングでお伝えしています

美姿勢トーニングとは?⇒コチラをご参照ください

お問い合わせ、ご予約は⇒コチラから

素肌講座を開講いたしました

小さなサロンですので講座の際は普段ロミロミで使用するベッドがテーブルがわりになります

簡易ボードを据えると立派な講座会場へ変身です

DSC_0733

昨日、素肌講座を開講いたしました

ご参加者はお二人

素敵なご縁からのご参加者さまでした

ご参加くださり本当にありがとうございました

images (78)

素肌やカラダをととのえる時間というのは自分自身へ愛情を注いでいる時間だと思うのです

朝、鏡を見る

夜、お風呂上りにボディラインを眺めてみる

女性ってつい自分のことは後に回しちゃうでしょ?

子供だったり、夫だったり

忙しくなればなるほど自分のことはあとあと

なんてね。

子育てがひと段落する頃

ふと自分の顔を鏡で見た時にギョッとした覚えがある、、、わたし(笑)

日々、老化は進みます

これは自然の摂理ですのであがいても仕方がないこと

だけど、速度を緩めることはできますね

自分次第ってことでもありますが。。。

体質や肌質は持って生まれた自分の本質なので変えるのは難しいかと思いますが

体調や肌の調子は自分次第で変えられるんですね

生活習慣が大きく関係する部分です

だけどね

今の時代

情報量が多いのです

ネットを開けばいろんな情報が出て来ます

正しくない情報なんて無いんじゃないかな?と思っています

ただ、自分に合った情報をキャッチしきれない

そんな方が多いのかなと

自分に合った情報をキャッチするセンスが大事

そんなことを問われている時代なのかもしれませんね

自分に合った情報キャッチ、できていらっしゃいますか?

もし、できてないな~と思われるなら

専門家を訪ねることが一番です

貴女にはこうで

貴女にはこうと

自分の体質や肌質に見合った情報を届けてくれる専門家を訪ねること

きっとセンスが磨かれて軸が定まってくるんじゃないかなと思います

自身のセンスが問われる時代(笑)

・・・

センスを磨いていきたいですね

images (85)

素肌講座では、なりたい肌のご希望を伺うことからはじまります

どんな肌になることが希望で、そんな肌になった自分を創造してワクワクしていただきたいと思っています

そして肌の仕組みをお伝えし、肌を正しく取り扱っていく術をお伝えいたします

術をお伝えしたあとの実践は自分次第ですね

日々、自分をどう扱うか・・・

やるもよし、やらないもよし。。。です

素肌美容の専門家の晴美さんのお話を聞いてみたいという方がいらしたらお気軽にお問い合わせください

町田のサロンでも開催いたしますが

忙しい晴美さんを追いかけて、晴美さんの拠点の表参道サロンへ、アテンドもさせていただきますので

私の肌の取り扱い方を知りたい方はどうぞお気軽にお問い合わせくださいね

貴女の未来がより魅力的に輝きますように☆

素顔が整う、今が整う【45歳からの素肌美容講座】

IMG_8735

サロンの鏡です

リニューアルをした際に、どうしてもドレッサーを置きたくて

インテリアコーディネーターの方に

「思わず身支度したくなるような素敵なドレッサーを探してください」と、お願いしました

施術後に身支度を整えていただけるようにということはもちろんですが、

本来の美しさへと整ったご自身を目で確かめていただきたい

そんな想いもこめています

ところで、

ご自身の素顔はお好きですか?

日にどれくらい鏡でご自身を見ていらっしゃいますか?

スキンケアにかけるお時間はどれくらいですか?

mikisalonでは「整える」ということをコンセプトに多方向からのアプローチ提案をしています

お顔というのはいつでもその気になれば自分の目で見て確かめることができるカラダの部分です

朝、顔を洗ったあと鏡に映った自分の顔を見て

「今日もいけてる☆」

だと、一日が楽しくなる気がします

suhada

素肌は、その時の生活習慣がでる部分です

食べる

動く

休む

行動リズムが、「艶・血色・なめらかさ・肌触り」となるように思います

では、シミ・しわ・たるみ・くすみなど

いわゆる老化現象・・・という部分はどうかというと

残念ながらリズムをととのえるだけでは事足りなくなってくる

というのが、50歳を迎えた今の心境です(笑)

肌の深層部ってどうなっているかご存知ですか?

こんな図を見られたこと、ありますか?

HADA SIKUMI

わたしたちが日々使っているお化粧品というのは

表層部を整えるというものがほとんどなのですね

肌にはいろんな層があって、

いわゆる老化現象という。。。

(50代以降は見て見ぬふりをしないほうがイイ、赤ペン二重丸で囲いたい文字です笑)

そんなところを「整える」ために目を向けたい部分が深層部

カラダも肌も一番奥深い個所に目を向けます

そして、目

目

目は口ほどにものを言う

マインドが出るのが目

齢をかさねる、できればイキイキと自分らしく

マインドを整える・・・そんなことも日々かさねていきたい部分です

素肌を整えることでマインドも整う

それが素顔となってその人の〝今〟にあらわれる

そんなスキンケアのご提案です

深層部を整えるってどういうこと?

クレンジング、洗顔、拭き方、触れ方などスキンケアの基本の見直し

そして、おひとりおひとりの肌の悩みが疑問などにもその都度ご質問頂けるように

少人数にて講座というスタイルでの開催です

素顔が整う、今が整う【45歳からの素肌講座】

*******************************************

【45歳からの素肌講座】

日時:4月27日(水)10時半~12時半くらいまで

場所:mikisalon

参加費:1,500円(税込)

持ち物:筆記用具

講師:中原晴美さん(晴美さんはこんな方⇒★★★

エントリー、お問合せは、下記より承ります♪

メール→info@mikisupprt.com

予約フォーム

*******************************************

すわる

座る

美姿勢トーニング講座を行う際は「座る」ということからお伝えをしています

からだが座ってほしい形で座る

これがなかなか難しいようです

座ること

誰に教えてもらったわけでもないのに成長の段階としていつの間にか身についているものですよね

じゃ~正しく座ってみて

なんて言うと「あれ?」ってなる方が多いです

座ることはカラダを活かすための基本だと考えています

からだが座ってほしいように座れると

立つ、歩く、走る、投げる、打つ

運動動作に変化があらわれます

プロ選手が体幹を鍛えるわけはここにあるんですね^^

そして私たち女性の場合といえば

お勝手に立つ、掃除をする、洗濯をする

パソコン前で仕事をこなすのも

クライアントの案件を伺う時も

遊びも趣味も

全ての日常動作が楽で快適に進化していきます

何をしていても楽で快適というのは

人生に豊かさが増しますね♪

そのために

まずは「すわる」を整えましょう

1座る

コツは坐骨で座る

こんな風に♪

美姿勢1

坐骨を椅子に突き刺すイメージで座ります

坐骨で座ると骨盤が立ってまいります

骨盤を立てて座ったら、あとはどこにも力をいれません

坐骨で座り、上体を上にスッと引き上げる

シンプルなカラダの使い方です^^

美しい姿勢

魅せる姿勢

として美姿勢トーニング講座を活かして頂けたら幸いです

詳しくはコチラでご案内しています⇒美姿勢トーニング

ここちよいからだ

images (58)

インターネットで検索していたときに出て来た画像なんですが

この女性に一瞬で心をうばわれてしまいました(笑)

ナチュラルな笑顔とふんわりした佇まいがとっても素敵だな~と思ったのです。

これまでロミロミでたくさんの女性のお体にふれてまいりました。

施術をする前と施術後のお体はまったく別のものになる方が多いです。

施術後のお体というのはふんわりと優しさに満ちています。

たとえば・・・

◆肌はみずみずしく

◆筋肉には弾力が戻り

◆スッキリと

◆目はぱっちり

◆無理のない呼吸

◆左右差のないバランスのとれたカラダ

そんな状態のカラダだと

なぜか「心も軽くなった」とおっしゃられます。

心と体はつながっているのですよね。

mikisalonのロミロミは

骨盤と背骨の連動というところにフォーカスいたします。

長年の経験から骨盤と背骨にしなやかさが足りないお体というのは

のちのち、快適というものが失われやすいからだになっていくように思えるから。

骨盤が本来の動き方を思い出せば

背骨にゆらぎが生まれます。

背骨にゆらぎが生まれると、そのゆらぎは首につながり、そして頭へと伝わります。

強い風が吹いても決してポキッと折れることがない【しなやかさ】を育みたい。

しなやかさ、持ち合わせていらっしゃいますか?

春

春のカラダというのは・・・

心機一転の気持ちになりやすく心は高揚しがちに

一方、カラダはだるかったり、ぼんやりしがちではないですか?

心と体が一致しにくくなる。

春のカラダの特徴かなと思っています。

もし、心がざわついたり、体がギュッとなって困ったら

やっぱり深呼吸がおすすめです。

大の字に寝て、ふ~っと大きく息を吐く。

時々体を揺らしながら、大きく深呼吸。

床と体が一体化して

地球とつながっている感覚に

安心感が生まれます。

心がざわつきやすく、体がぼんやりしやすい春の季節におすすめの深呼吸法。

寝る前のひと動作で心と体がつながりやすくなります。

おためしあれ♪

美姿勢トーニングプライベート講座&レッスン~夢は大きく・志は高く・なせば成る~

DSC_0467

おひとり様でのプライベート講座&レッスンでは

おひとり様用の鏡を置き

その鏡で自分の姿を見ながら

自分の内へ内へといざなう

そんな時間になるのが美姿勢トーニングプライベート講座&レッスンです

そんなプライベート講座&レッスンを受講下さったのは

ヒップラインがとても美しいアラフィフ女性

なんと!静岡県沼津市からのご来訪でした☆

遠方からということだけで、想いは十分伝わってまいります

ならば、こちら側もその想い以上のモノをお持ち帰りいただけるようにという気持ちになるというものです

数年前にはいていたパンツとスカートがはけるカラダになりたい☆とのこと

疑問は

最近、ダイエットをしても体重は落ちないし、体重は落ちたとしてもボディラインが・・・」ということ☆

↑ たぶん、この辺はアラフィフ世代の三大あるあるにはいるのではないかな?(笑)

・中年太りって・・・なぜ起こる?

・体重減とボディラインがイコールじゃない・・・カラダの不思議

こんな疑問なども解いていきながら、カラダのしくみ、カラクリなどをご理解頂き、

じゃ~どうすればなりたいカラダに変化をしていくのかということを実践でご指導させて頂きます

ちょっとしたコツを体得いただくことで、数年前にはいていたズボンやスカートだってきっとはけるようになっていくはずです

しかも、艶感がアラフィフ女性には加味されていますので【素敵に☆】のキーワードがプラスされます♪

目指すはグッと引き締まったボディラインの60代マダム☆

夢は大きく、志は高く、なせば成る・・・ですね^^

講座は随時開催をしておりますので、ご希望の日時がございましたらお気軽にご相談ください

そしてレッスンは、骨盤底筋という意識の薄い場所へのフォーカスということで

レッスンへご参加の前に講座受講を必須としています

薄い意識をはっきりとした意識にかえるためのカラダ講座だと考えて頂けたらと思います

プライベート講座&レッスンも喜んで承ります♪

美姿勢トーニングの詳細はコチラをご覧ください⇒★★★

最期になりましたが、お越しくださった方からトマトをおみやげに頂きました♡
PhotoGrid_1459125719112

真っ赤で、みずみずしく、甘くて、とっても美味でございました♪

ごちそうさまでした☆

もしも骨盤底筋群が活用できたら①

images (39)

もしも骨盤底筋を活用しているとしたら

おそらくヒップラインはこんな感じかと

骨盤底筋群ってどこなのか?と言いますと

胴体の一番下の筋肉

女性の身体には3つのあながありますね

前から

尿道・ちつ・肛門

この3つを繋げている筋肉を骨盤底筋群と呼びます

この筋肉がキュッと締まっていると骨盤底筋群がきちんと機能されていることになりますが

「こんな所にも筋肉があるのですね!」

「え~こんなところが締まるのですか!」と

講座を受講下さった方の多くはそうおっしゃいます

最初はなかなか意識が向きにくい場所ですが

気長に「こんな感じかな?」を続けていただくと

必ず「あ!」っと閃く瞬間が舞い降リてきます

骨盤底筋群の素敵なところって

お腹にも、お尻にも、太ももにもつながっているということ

ということは、骨盤底筋にきちんと意識を向けることができると

素敵なことがたくさん起こり始める。。。ということです

:*:・( ̄∀ ̄)・:*:ウフフのフなのです

器具もいらない

場所も取らない

いつでもどこでもできるってところも素敵なのですよ

40代・50代女史

無茶なことはできません

無茶なことをすると筋肉に効果が出る前に関節を痛めてしまうことになりますし

骨盤底筋コアトレボディコンディショニング

mikisalonで開催しています☆

骨盤底筋が締まっているとどんな素敵なことが起こるの?

締めるコツは?

毎日お家でできるエクササイズ法ってどんなことをするの?

そんなことをまずは講座でお話いたします

自分のカラダに意識を向け

自分のカラダを理解して頂く時間になります

まずは意識を向けることから始め

最終目標は無意識でも締まるカラダを目指します

講座はお一人からもご受講可能です

美姿勢トーニングってどんなことをするの?の詳細はコチラをご覧くださいね

美姿勢トーニング