カテゴリー別アーカイブ: 姿勢素肌コラム

梅雨のボディメンテナンス~出す、そして巡るからだへ~

lgf01b201311061500

しとしと長雨が続くこの季節

だるさ、むくみにフォーカスがいく季節でもあります

梅雨寒の日があれば

じめじめした日があったり

カラリといきなりの夏日があったり

カラダがおかしくなっちゃうわ~

なんて声もこの時期ならではかな?と

毎年くりかえされる季節の声に

そうそう、今年もそんな季節なのねと思ってしまう私がいます

この時期のケアキーワードは【出す】ということ

冬のからだを引きずったままのカラダは【だるさ】を感じ

そして【むくみ】としてカラダにあらわれます

気温や赤外線の上昇で熱がこもりやすく、外に出ずらい

そんな体の内側なのだろうと思います

こんな季節のおすすめは『汗をかくこと』

湯船につかる(温泉に行くも良し♪)

歌う

声を出すこともいいのですよ^^

泣く

あえて泣けるDVDを借りてきてオイオイ泣いちゃうなんてこともあり(笑)

歩く

お散歩もよし、早歩きで簡易フィットネスでも良いですよね

汗腺という汗腺を全部広げちゃうメージでね・・・(何ごともイメージングが大事なのです笑)

yjimage (19)

そして

汗を出したあとは、出した分だけ補給します

新陳代謝の活性につながりますから♪

出すことで新しいものが入ってきやすくなりますね

 

*****************************

7月のサロンカレンダーはコチラです⇒★★★

*****************************

 

 

 

 

更年期のカラダ~休養と温め~老化の準備

海 ヨガ

50歳になり、カラダからいろんなシグナルが届いているのがわかります

体調不良とまではいかないけれど

でも、今までとは明らかに何かが違ってきている

そんな体感覚をおぼえます

検査である数値が高いという結果が出て

経過観察ということになりました

いつ発症してもおかしくない

けど

一生、発症しないこともある

のだそうで

これを家人に話しましたら

「老化の準備をしてくださいね」というカラダの声かもしれないね

なんてことを言われました

シニアへエクササイズ指導をしていますが

ここでご縁をいただいた生徒さんも病気のひとつ、ふたつは抱えていらっしゃり

そんなことを考えますと、老化の準備をする時期

50歳(更年期)はそんな時なのだろうと、頷けます

すぐに何かということではなかったことが幸いです

が、今以上にイイ塩梅で過ごすことを心がけていかねばな~・・・

と、ちょこっと頭の片隅においておこうと思っています

気を付けることはありますか?

の問いに

過労・冷えに注意が必要とのこと

休養と温め

食事のバランスと適度な運動

やはり、ココですね。。。

バランスよく、自分なりのってこと

更年期はいろいろカラダの変調がおこりやすくなりますが

そこをNGと捉えず、どうすれば良い状態が保てるか

すべては自分次第ということだから、イイ塩梅でいられるようにベストを尽せればいいと思います

更年期の過ごし方ひとつで、その後のカラダが変わってくるようですので

この時期はいつも以上に自分をいたわることを怠らず

自分優先でまいりましょう

 

 

 

 

 

チャーミングなマダムになっていきたいから

マダム

チャーミングなご婦人の画像

あまりの可愛さに思わず保存!の、一枚です(笑)

シニアへどんどん向かっておりますが・・・

こんなおばあちゃまになっていくことも目標のひとつです

ある程度のシミやシワは生きてきた証のようなものかな?(笑)

多少の不具合や不調なんかも疲労が重なると出てくるのも想定しつつ

だけど、ジョークのひとつも言って、笑顔で日々を過ごせたら、どんなに毎日が楽しいだろう~と思うのです

「いつも楽しそうでいいわね~」って言われるくらいのマダムへなっていきたものです

そう、こんな風に!

いくつになっても太陽の下でゲラゲラ笑い合って日々を過ごせていたら

きっとしあわせですよね

yjimage (15)

 

かれこれ8年になりますかしら

ライフワークワークとして、シルバーエイジへ向けたエクササイズ指導をしています

ここで、たくさんのシニアの皆さんとご縁をいただき

本当の意味での健康とは?について随分考えさせられました

笑顔で日々を過ごせるように、「今なにをするのか?」「今日どう過ごすのか?」

もしかしたら明日は来ないかもしれないから、楽しく今日を過ごそう☆

身を以て教えてもらっている気がしています

シニアゆえのご都合での長期休みは今や想定内

ご自身の体調不良(入院、怪我、)や

ご家族さまの介護・・・

こんなことも年代の背景にはあるのだな~を疑似体験。。。

そして、長期休みから復帰される方も多くいらっしゃり

そんな場面にでくわすと、【病は気から】は、本当にその通り!

気持ちひとつでどうにでもなっていきますから

気持ちって大事だな~と思うのですよね

 

 

images (83)

気持ちの状態

これはストレスに関係するところ

ストレス過多というのは健康に大きく影響を及ぼすことはとても有名なお話です

同じような状況でも受け取り方って人によって全然違うでしょ?

ある方は重く受け止められる

だけどある方は問題にすらされない

どっちが体にとって良いのかというと

問題にすらしない

出来事は出来事として捉えるだけ

そっちの方がカラダにとってはいいのですね

重く受け止めると、まず呼吸が早くなり、浅くなります

血圧も高くなるでしょう

血行にも影響が出てきます

・・・・・・

キリがありません。。。

あ!と気づいたときは、時すでに遅し・・・

そんなことにならないように、体を整えておくこと

心の整えにもつながっていきます

若いころからの心磨き、

体力も気力も十分に備わっていますから、変化変容も早いですね

心と体の繋がり・・・

そんなことにも日々、丁寧に向き合えたら良いのではないかと思います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の〝まっすぐ〟が〝まっすぐ〟でないことを知る

7c5aeed3b718694826d6bd240e8a4a0ae40e075e

まっすぐ立つ

これ、意外と難しいのです

座る、立つは人の基本姿勢です

なくてもいい力を使い、使うべき場所へはおざなりになっていること

本当に多いのだな~と、気づくことが多いこの頃です

先日、コントロロジ―というボディワークを受けてきました

・まっすぐ立つこと

・本来の呼吸

そんなことを教わりました

足裏を地面にぴったりとつけること

わたし、これ、とても苦手な動作なんです

高校のころ、足を傷めたことがあり、その頃の怪我が尾を引いているのかも?

そういえば、あの怪我から速く走ることが苦手になったのかも?

そんなことをふと思いました

・・・

yjimage (12)

足の幅を一足程度あけ、

人差し指と中指の間に点をうち、踵の真ん中に点をうち、そこをまっすぐ結ぶように、

親指のつけね、小指のつけ根、踵の3点で立ちます

膝と膝を中に寄せるように

このとき、膝にぎゅーっと力を入れず少し緩んだ状態であること

骨盤を立て、背筋をスッと上に引き上げ、

鎖骨が床と並行になるように

首を長く

・・・・

これだけの動作なのに、とっても難しく感じました

立ちながら呼吸を教わりました

吸う時と吐く時のポイントとなること

そこから腹部を締めるポイント

土台と軸が定まり、本来の立ち方へ整っていくのだそうです

呼吸に目をやると、足指が浮きはじめ、先生が足指をおさえてくださるんだけど

足指の方に意識が傾くと膝を寄せる動作が鈍くなり

てんでバラバラな状態へ。。。

なんとも、なんとも、な、そんな様子に思わず吹き出してしまったり(笑)

美姿勢1

普段、骨盤底筋からのコアトレ

美姿勢トーニングの講師もしている私です

まっすぐ立つこと

正しい呼吸とは!

そんなことのアドバイスを行っているのですが

まだまだ知らないことがたくさんあり

余計なことをたくさんしているようです

自分自身を整えるためにもコントロロジーはしばらく通おうと思っています

いろんな発見がたくさんある気がいたします

発見したこと、できたことは、美姿勢トーニングを受講下さる方々へもシェアしていきたいと思います

 

 

美姿勢トーニング入門講座はいつでもご受講いただけます

7月から体験レッスン制度も設けますので気軽にご参加頂けたらと思います

美姿勢トーニングってこんなボディワーク

ご興味ある方はこちらもぜひご訪問ください⇒★★★

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

美姿勢トーニング~はじめての方へ体験レッスンはじめます~

yjimage (11)

美姿勢トーニング定期レッスンでお借りしている横浜元町のスタジオは

前面に大きな鏡があり、後ろには大きな窓があります

窓から降り注ぐ太陽の光がまぶしいくらい

ここで月に一度、6名定員にてレッスンを行っています

レッスンでは、呼吸をフルに活用し、からだ全体に酸素が行きわたるように体を伸びやかに導くウォーミングアップから始まります

そして骨盤底筋を鍛えるパーツへ

各々のカラダのクセに目を向けながら、地球にまっすぐに凛と美しく立つことが目標です

ウエストライン、下腹部からバストラインにかけて、ヒップから脚部へのライン

ボディラインを整えていきます

最後はリラクゼーション

使った筋肉を緩め、呼吸を戻し、深呼吸たっぷりストレッチ

目をつぶり、地球と一体になる、おのずと自分のリズムを認識し、ここが自分の定位置

そんなことへも目が向き、心と体のつながりを感じられたらしあわせです

自分本来の美しい姿形へとトーニング(整える)する

とても美しい時間です

そんな美姿勢トーニングレッスンの体験レッスンコースを新たに設けます

美姿勢トーニングって何?

どんなことをするのか知りたい

そんなお声をたくさん頂き、体験レッスンを設けてみようと思いました。

入門講座を受講頂く前の体験ですので、頭にハテナマークがいっぱいつきつつかもしれませんが

見よう見まねで動いてみても、きっと体はスッキリして頂けると思います

次回定期レッスンは7月17日(日)、いつもの横浜元町のスタジオにて行います

詳細はホームページにアップいたしましたので、そちらをご覧くださいね

美姿勢トーニング体験レッスン⇒コチラです

美姿勢トーニング~見るとやるとじゃ大違い~

ダウンロード (33)

いつものスタジオがお借りできなくて

今月はmikisalonで美姿勢トーニングレッスンをしております

小さなスペースですのでお二人ずつの少人数のレッスンです

わいわいやるグループレッスンも楽しいけれど

少人数でのレッスンは、個々へのアドバイスが適切に行えるので

それはそれで、とても充実した時間になっているな~と。

スタジオをお借りできなかったことからの思わぬ副産物☆

捨てる神あれば拾う神あり

世の中は、本当にうまく流れていきますね^^

美姿勢トーニングとの出会いは2年前の春

それまでシニアエクササイズや施術から得た気づきを形に変えていこうと決意をした頃に出会ったボディメソッドです

『姿勢が保たれれば健康が続くのではないか?』

そんな考えを持つようになって、それから『姿勢』ってものを深めるようになりました

美姿勢トーニング

私の大好きなマッサージ法、ロミロミに相通ずるものがあります

HO’O’PONPONO・・・元に戻るという意味があるハワイの言葉

yjimage (2)

自分でも「こうかな?」「ん?こんな感じかな?」「お~!これこれ!!!」と

いつも、どこでも、どんな時でも、閃いたら体感を味わってみる

そんな繰り返し

きっと傍からみたらエクササイズ中なんて誰も思わないだろうと思います(笑)

こんな感じなのだから(アシスタントを務めさせて頂いた講師養成講座1期の様子より)

IMG_5266

派手なパフォーマンスはありません

静かで穏やか、だけどエネルギッシュな時間が流れていきます

自分に戻る

そんな感覚になるボディワーク

静かで穏やかだけど、エネルギッシュ

これは経験しないとわからないだろうな~と思います

美姿勢トーニングを行っていらっしゃる方のお言葉で多いのが

見るとやるとじゃ大違い!

自分の体の使い方なんて意識したことなんて全くなかったな~と

はい、私もそう思った一人でした(笑)

美姿勢トーニングを最初はものすごく簡単にとらえていたのですね

座って姿勢をととのえればいいんでしょ!くらいな意識。。。

今から考えたらどれだけ傲慢だったのでしょう・・・

当時を振り返ると変な汗が流れて来ちゃう(笑)

地球にまっすぐ立つ難しさに気づいてから

ハッと目が覚め、自分を整えていこうって改心し、今に至っています

昨日、レッスンにご参加くださった方も入門講座後、

ご自身のカラダを自分自身で整えるためにレッスンにご参加下さっています

それぞれのカラダのクセに目を向けていただき、

それを整える効果的な練習方法をレッスン中も行い、次回までの宿題としてお伝えいたしました

カラダの使い方のクセって誰にもあるのですよね

それがコリや痛み、むくみや冷えなどの不快な症状として体感覚としてあらわれ

時に病気として、怪我として表に出て来たりいたします

刻一刻、カラダは衰えるようシステムとして組み込まれていますから

そこはしっかり受け止めて、上手にカラダを活かしていければ良いではないかと思うのですよね


目標は、地球にまっすぐ、凛と美しく立てるようになっていただくこと

いつまでもイキイキと自分らしく人生最後までHAPPYに生きぬくために・・・ねっ☆

お伝えしながら、私自身のカラダにも問いかけながら

こんな方法だとどう?

私のカラダの変化が、「YES』か「NO』の答えなり^^

レッスンにご参加くださる方々の真摯な【カラダを整える】取り組み方にいつも惚れ惚れしています

今月はmikisalonで少人数レッスンが続きます

スタジオを借りれなくて本当に良かった

捨てる神あれば拾う神あり

人生うまく流れています^^

美姿勢トーニングは、ちょっと最初はハテナマークが頭に点灯しやすいボディワークのため(ご受講下さった方々のお声から)

まずは入門講座をご受講いただくようにしています。

カラダの仕組みをお伝えし、その方のカラダのクセをお伝えし、

地球にまっすぐ凛と美しく立つ術を座学と実技でお伝えする120分の講座です

お1人から4名くらいまで(お友達同志でどうぞ)承っておりますのでご参加くださいね

詳細はコチラをご覧くださいませ⇒★★★

ケアのすすめ~とりあえず自分を抱きしめちゃおう~

yjimage (9)

やっと来れました~

〇〇さんにホームページを教えてもらい見てみたら、ますます行きたくなって

実際来てみたら内装も素敵だし、来て本当に良かったです~♪

サロンケアをご利用くださった方から

とっても嬉しいご感想をいただきました(^^)

お越しくださったのは、子育てまっただ中のセラピストさん

素敵な方からのご紹介で素敵なご縁がまたひとつつながりました

一家の主婦で、子育ても奮闘されていて、そして現役のセラピストさんでいらっしゃいます

なかなか自分のメンテナンスまで時間が取れなくて・・・

今日は久しぶりに自分への時間をつくってみました♪

と、ニコニコしながらお話し下さいました

わかるな~

自分のための時間て作ろうと思わないとできないですよね

家庭があって、小さな子供がいたら尚更のこと

私も通って来た道だから、とってもよくわかります!

ボディーワーカーって以外と不健康な生活だったりします

お昼はへたすると食べられなかったり

食べてもおにぎりパクって感じで

マッサージは思った以上に重労働(やりようによってって感じもありますが)

運動指導はレッスン数によっては想像通りの重労働(適度はスッキリいたしますが)

ちゃんと自分のケアをしていかないと!って自分に言い聞かせていかないと無理しちゃいますよね~

だからこそ、ケアをして、メンテナスをして、自分で自分を抱きしめる

そんな時間を作らないとね☆

なんて話。同業者あるあるを大いに語り合いました(笑)

IMG_5827

サロンケアや美姿勢トーニング

はじめての方へはじっくり丁寧にカウンセリング時間を設けます

体調面などのお話はもちろん伺うのですが

こんなご質問もさせていただきます

サロンケア編:『3年後はどうなっていたいですか?』

美姿勢トーニング編:『神様がどんな人にでも変身させてくれるとしたら、どんな人になりたいですか?』

一見、施術や運動とはまったく関係ないように思えますが

未来の自分を描くこと、健康にはとっても大事な要素なんですよね

昨日はの方のお答えは

『プライベートサロンを運営していたい』

と。

素敵な夢ですよね

お子さんはまだ小さくて3歳ですって

子育てと仕事の両立って大変ですよね。。。

なんておっしゃるから

いえいえ工夫次第でどうとでもなっていきますよ

『やる!』と決めれば、そこへたどり着くだけ

やると決めて、ゆったり構えるってところかな~

途中で進路変更なんてことも有りだしね

気楽にトライしてみればいいと思うのです^^

mikisalonは姿勢にフォーカスして施術や運動でお体を整えさせて頂いています

体型が整うことで体調も整い、心も一緒に整ったら最高だよね♪

体は心とつながっていますから

どちらだけが整うってことはないのです。

未来を夢見て

体を整える

そんな方の応援ができれば尚うれしいです。

トリートメントケアのページはコチラです⇒★★★

地球に根をはやす~のびのび立っていこうじゃない?~

地球にちゃんと立ててる?

足底、あしゆびを見直そう月間のはじまりです♪

yjimage (7)

セラピストになったきっかけは、リフレクソロジーを学んでみようと思ったことから

1999年の秋に学校に行き始めました

20世紀の話・・・(笑)

当時、私は、子育てママさんへのエアロビクスクラスや、子供のエアロ(キッドビクス)を担当していて

このクラスの中で足裏マッサージができればいいな~というそんな想いから

なぜ足裏だったのか?

それは、高校、大学時代にさかのぼります

当時、私はアスリート

練習に明け暮れる日々で、足の疲労と戦う日々だったのですね

大学時代、練習後のマッサージタイムが大好きで

私のリクエストは決まって「足の裏を重点的に!」

足裏をもみほぐすと次の日の足の軽さが全然違うってことを知ってから

足裏のマッサージの虜になっていった。。。そんな経緯からのリフレクソロジースクールだったというわけです。

そんな想いがいっぱい詰まった足裏だったのだけれど

ロミロミを学んだり、フェイシャルを学んだりしていくうちに足裏への想いは薄くなり

マッサージをするときもあまり重点を置かなくなっていきました

当初は、リフレクソロジーもメニューにあったのに

いつの間にか施術に組み込むという、おまけみたいなものになっていき・・・

なのですが、ここにきて、突如、また、足裏への想いが強くなってきておりまして

というのは・・・

『あしゆび伸ばそう!』

『足底をしっかり地に着けよう!』

『足裏のつき方で姿勢が変わってきますよ!』

あしゆびの専門家の方に出会ったことがきっかけで

姿勢を語る上で、足指、足底は不可欠なんじゃないかと☆

灯がともってしまった・・・最近のわたしでございます

地面に足が着いていない方って、以外と多いらしいです

mig

逆立ちするときの手って広がってますよね?

指は一生懸命のばしますよね

じゃなければ逆立ちできませんものね

でもね、足裏はなぜか指が縮こまっていたり

指が浮いていたり

・・・・・・

そんな足で立っていたら、姿勢は崩れて当然です

肩に力が入ります

腰もおかしなことに

膝だって頑張っちゃう

からだは斜めに

あららな状態に。。。

それが、あしゆびがしっかり伸ばせられたら

いろいろと好循環がうまれていき

自然と体は整っていくのだそうです

からだってうまいことできているので

内側から整えること

コツコツ積み重ねていきたいですね

理想はこんなあしゆび↓

yjimage (8)

骨盤を立てることと同じくらい

足裏を地面につけられるようにしていくことも

とっても大事なこと☆

そんなわけでの、リフレクソロジーよ再び!でございます

施術部門でリフレをバンバン紹介していきますよ!

姿勢と一言でいっても本当に奥が深い世界です

そして姿勢ということからの良いご縁をたくさん頂いていることも嬉しいことです

知り得たことはすべてお客様、レッスン生さんへ還元♪

その都度、必要なことをお伝えさせていただきますね^^

新しい自分への挑戦~美姿勢トーニング講師養成講座2期~

yjimage (2)

骨盤底筋からのコアトレ『美姿勢トーニング』の講師が新たに誕生いたしました。

私は今期は仕事と重なり、最終日の昨日のみの参加でしたが、修了証の授与に立ち会うことができました。

すでに各分野でご活躍のスペシャリストの方々が集うことが美姿勢トーニング講師養成講座の特徴かなと感じています。

からだつくりと一言でいってもその概念は様々で、ご存じのとおり山のようなボディメソッドがあります。

何にヒットし、何を自分の生活に取り入れるのかは、その人が生きてきた過程の中で選ぶような気がするのですよね。

どんなメソッドを選んだとしても体を整えるという目的には変わりなく、

そして何を選んでもたどり着くところは同じだと思います。

だって、体のメカニズムは同じなのですから。

美姿勢トーニングは、骨盤底筋を始点とした体幹トレーニング法です。

だけど、ハードな筋トレや運動などではなく、

呼吸に従って、どんな向きで、どんな風にカラダを使えばカラダは喜ぶのかが体感できるワークだと私は感じています。

その結果として姿勢いが良くなり、ボディラインが整い、しなやかさが表面に出てくると思っています。

形ではなく在り方を問う、そんなボディーワークかなと。

呼吸ではじまり、呼吸に戻る。

フォーカスは『息を吸う』という動作

ココがうまく進むと、骨盤底筋への意識や、関節の可動域の広がり、坐骨で座る、上体を上にスッと引き上げ立つ、歩くが、より快適になっていくように思います。

呼吸が姿勢をつくり、動作をつくり、自分として表れる・・・そんな風に感じます。

ダウンロード (10)

カラダは小宇宙の言われるように、一定のリズムで奏で、メカニズムはいたってシンプルなもの

それを難しくしているのは自分なのかもしれません。

ボディワークから学ぶこと、本当にたくさんです。

講師養成講座での私の役割は受講生さんの基本姿勢へのアドバイスを行うこと

長年染みついたカラダ使いのクセを、骨組にそったカラダへ整えることが美姿勢トーニングの本質です。

受講者さんが自分のカラダのクセと向き合い、それを整えることで受講生さんのボディラインが変わるのはもちろん、

カラダ使いのクセを感じることで、自分の在り方にも気づきが訪れ、息が吸いやすく、楽に姿勢を保つことが可能になっていくのだろうなと

今回も感じました。体の中の気が通る。。。そんな感覚でしょうか。

カラダって愛おしくて面白い。

そして人って素敵です。

4日間の講座を修了されて、みなさんの目がキラキラして、ワクワク感が伝わって来ました。

終わりは始まりのスタートでもあります。

それぞれのフィールドでそれぞれの個性の色をつけ

このボディワークが広がっていくことを願っています。

100年先の地球まるごと元気で幸せに♪

そんな想いを乗せて。

received_1012385075497974

綺麗なおねえさんはお嫌いですか?

DSC_0574

美しさ

キレイ

美意識

そこへの想いは人それぞれかな~と思いますが。。。

女性って、男性もそうかな?

小さい頃からあこがれの人っていると思うのですが

いかがですか?

私はね、あこがれの女の子がいたのです。

保育園の時、りかちゃんという女の子にあこがれていて

りかちゃん人形がとても人気だった時代です

名前も素敵って思ったし

その名前に引けを取らない容姿も素敵で

手足が長くて、髪もサラサラのロングヘアーで、いつも可愛い髪留めしていて、

洋服はいつも可愛いスカート。

靴下もどこで買っていたのか、いつもヒラヒラした可愛い靴下をはいていてね

お父さんもパイロットでカッコいいな~と思っていたし

お母さんもとっても美人で

一家まるごと素敵☆って、思っていました

そんなりかちゃんは同じ歳なのでお友達になろうと思えばいつでもなれたはず

だけど、あこがれすぎてお話もまともにできなくて

いつも遠目から見ている、、、そんな存在の女の子でした

20130626_yuko_19

幼少の頃のわたしを客観的に見てみますと

あこがれの子を勝手にイメージし、自分と比較して、

無い自分、いけてない自分を勝手に作り出し自分を卑下していた。。。

そんなことが浮かび上がってきます。

私はどんな女の子だったかというと、

足が速く、活発

女の子と遊ぶより、男の子と遊ぶ時の方が楽しくて

あやとりより自転車・・・

正義感も強くて勝気だったので

女の子から姐さんみたいに慕われていて

私にあこがれる女の子もたくさんいたのだけど

そんな想いは受けとれず、無いばかりを追いかけて万年自分卑下。

だって私の理想は活発より、柔らかい女の子

あこがれのりかちゃんみたいになりたかったから。

でも、あこがれのりかちゃん像は私には遠い存在で

自分に無いところを探してばかりだから

なること自体、絶対無理!。。。

もし、今、幼少の頃のわたしに会って話ができるとしたら

あこがれのりかちゃんに抱いているイメージがどんな風なのかを書き出してみて

そこへなっていけばいいだけと、助言したいな~。

話してみたらりかちゃんも案外普通の子だったりするし

イメージを持たれていること自体、りかちゃんは拒否するかもしれない

りかちゃんになりたい。。。のではなく、

自分がイメージしている、そんな自分になっていきたいだけ

ならば文句を言ってないで、

なれない、なれない、できない、できない、無理~と言ってないで

そこへまっしぐらで行ってしまえばいいのです。

まずは、自分のなかの〝なりたい〟にフォーカスすること

きっと殻は破れるはず。

〝なりたい〟を躊躇しない

〝やりたい〟に蓋をしない

躊躇の扉を開いてみると

自分の中のキレイや美しさが今よりキラキラするように感じるかもしれません。

すべては自分自身が作り出しているに気づきましょう

私はもう充分素敵なのだから

なりたい私へなっていく、ゴールも大事だけど

そこへたどり着くプロセスを楽しめたら、きっと今より愉しくなるよね。

mikisalonでは、そんな想いで日々ボディナビゲーションをしております^^