新しい自分への挑戦~美姿勢トーニング講師養成講座2期~

yjimage (2)

骨盤底筋からのコアトレ『美姿勢トーニング』の講師が新たに誕生いたしました。

私は今期は仕事と重なり、最終日の昨日のみの参加でしたが、修了証の授与に立ち会うことができました。

すでに各分野でご活躍のスペシャリストの方々が集うことが美姿勢トーニング講師養成講座の特徴かなと感じています。

からだつくりと一言でいってもその概念は様々で、ご存じのとおり山のようなボディメソッドがあります。

何にヒットし、何を自分の生活に取り入れるのかは、その人が生きてきた過程の中で選ぶような気がするのですよね。

どんなメソッドを選んだとしても体を整えるという目的には変わりなく、

そして何を選んでもたどり着くところは同じだと思います。

だって、体のメカニズムは同じなのですから。

美姿勢トーニングは、骨盤底筋を始点とした体幹トレーニング法です。

だけど、ハードな筋トレや運動などではなく、

呼吸に従って、どんな向きで、どんな風にカラダを使えばカラダは喜ぶのかが体感できるワークだと私は感じています。

その結果として姿勢いが良くなり、ボディラインが整い、しなやかさが表面に出てくると思っています。

形ではなく在り方を問う、そんなボディーワークかなと。

呼吸ではじまり、呼吸に戻る。

フォーカスは『息を吸う』という動作

ココがうまく進むと、骨盤底筋への意識や、関節の可動域の広がり、坐骨で座る、上体を上にスッと引き上げ立つ、歩くが、より快適になっていくように思います。

呼吸が姿勢をつくり、動作をつくり、自分として表れる・・・そんな風に感じます。

ダウンロード (10)

カラダは小宇宙の言われるように、一定のリズムで奏で、メカニズムはいたってシンプルなもの

それを難しくしているのは自分なのかもしれません。

ボディワークから学ぶこと、本当にたくさんです。

講師養成講座での私の役割は受講生さんの基本姿勢へのアドバイスを行うこと

長年染みついたカラダ使いのクセを、骨組にそったカラダへ整えることが美姿勢トーニングの本質です。

受講者さんが自分のカラダのクセと向き合い、それを整えることで受講生さんのボディラインが変わるのはもちろん、

カラダ使いのクセを感じることで、自分の在り方にも気づきが訪れ、息が吸いやすく、楽に姿勢を保つことが可能になっていくのだろうなと

今回も感じました。体の中の気が通る。。。そんな感覚でしょうか。

カラダって愛おしくて面白い。

そして人って素敵です。

4日間の講座を修了されて、みなさんの目がキラキラして、ワクワク感が伝わって来ました。

終わりは始まりのスタートでもあります。

それぞれのフィールドでそれぞれの個性の色をつけ

このボディワークが広がっていくことを願っています。

100年先の地球まるごと元気で幸せに♪

そんな想いを乗せて。

received_1012385075497974