佇まいを磨く~角度を変える・軸をずらす~

美姿勢2

良い姿勢で座ってみてください

と投げかけてみますと

多くの方は胸を大きく反らして見せてくださいます

今の体感覚を教えてください

と再び投げかけてみます

腰、背中が痛い

そして腿の前に力が入っています

こう仰られます

人は良い姿勢を作ろうとすると

なぜか少し前のめりになり

カラダのバランス軸が狂うようです

ここで「坐骨」にフォーカスです

坐骨はお尻の一番したの骨

お尻の下に手を入れると当たる骨

それが「坐骨」

ダウンロード

ここを椅子に突き刺すイメージで座ってみます

そうすると骨盤が立ち、背骨がキレイなS字を描きはじめます

背骨S字カーブがキレイに描けると、首(頸椎)、頭(頭蓋骨)がスッ上に伸び

どこにも力が入らず、本来の自然な姿勢になっていきます

最初は難しいのです

だって長年染みついたカラダのクセがありますから

少しずつカラダへの意識を変えていくこと

それが美しい姿勢・・・

その人、本来の佇まいになっていくと思います

骨格がしてほしいようにカラダを使ってみる

そうすることで筋肉も本来の長さ、姿となって働いてくれるでしょう

快適で楽が何よりです

操ろうとせず

考えることをせず

呼吸と共に、ただカラダを感じてみる

本来あるべき形へ戻ります

位置を変えてみる

軸をずらしてみる

美しい姿勢=その人本来あるべき姿

とは、ちょっとのさじ加減で整ってくるように思います

未来も輝かせるためのカラダ使いのコツを

美姿勢トーニングでお伝えしています

美姿勢トーニングとは?⇒コチラをご参照ください

お問い合わせ、ご予約は⇒コチラから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です