冥想講座と自然体

冥想講座に行って来ました

今、絶賛学び中の沖ヨガ道場へ

講師はヨガ師匠の龍村修先生

たいへん有意義な今年最初の日曜日でした

 

冥想と瞑想の違い

おわかりになられます?

 

 

目があるか、ないか、の違いなんですって。

 

目がある方の瞑想は、視覚を含み

目がない方は、視覚に頼らず感覚を働かせるように。

 

見るという感覚は、時に感度を鈍らせ

合間になりうる可能性を秘めていますゆえ

目をつむり、観る感覚を養うこと

やっていきたいものですね。

 

 

そして、瞑想(冥想)とは、禅からの始まり

 

禅は、ヨガの始まりでもある

 

ヨガを一番最初に始めたのはお釈迦様で

 

ヨガの大師匠は、お釈迦様だということ。

 

お釈迦様って、やっぱりすごい人ですね

人なの?・・・?(心の声)

 

 

そして、いま流行の マインドフルネス も元をたどれば禅からなんだそう

新しいもの

オリジナリティーと言うけれど

元をたどれば同じところにたどり着くという



医療や美容など・・・

研究を重ね、新たな発見はあるかもしれないけど

新しいものなんて本当はないのかもしれないよね。。。(余談)

 

 

禅は呼吸に意識を向け

 

 

ヨガも呼吸に意識を向け

 

瞑想(冥想)も呼吸なしでは語れなく

 

 

呼吸で身体(自分)を内観し

身体や心の変化を感じること

それがヨガの真意なのだということ。

 

 

呼吸が姿勢に関係することは

このことから大いに納得しました。

 

沖ヨガでは お釈迦様がされたヨガを真意としており、

ポーズを取りながら呼吸で身体を内観し

からだ と こころ の変化を観ていきます。

 

 

そして、背骨と肋骨はアンテナの役割をするのだそうです。

 

歪みは身体の感度が鈍り

メッセージ(直感とも言うかな)が降りにくくなるとのこと。

 

だから、身体は柔軟性があった方がよく

筋肉も瑞々しさを保った方がよく

コリや歪みは整えたほうが良いとのこと。

 

身体を整えると、体も心も軽くなるって言いますが

歪みが整い、アンテナの感度が上がって直感が冴えるのかもしれませんね。

 

 

けっきょくは、

身体を動かしながら、己を内観することで

その人の一番の輝きが引き出される感じがしてならないのですよね。

 

それを 自然体 と呼ぶのではないかと想うのですが・・・

いかがでしょうか?

 

姿勢や呼吸をレッスンでお伝えして来て

ワークのバリエーションや、概念を深めたいと思い

龍村先生の訓えを受けています。

 

目に見える姿勢(呼吸) と 目に見えない姿勢(呼吸)を沖ヨガから学び、

身体をいい状態に保っていただけるよう、

学びはすぐ還元していきますので、

日々の元気やハッピーにつなげて頂けたら幸せです。

 

 

1月のレッスン日程は→コチラです