美姿勢トーニング講師研修in秋田~ZAT~

今夏より 美姿勢トーニングに ZAT というエッセンスを取り入れてお届けしています

 

ZAT とは

 

 

今回の 秋田研修にも ZATの内田先生が同行くださいまして

姿勢とは? 呼吸とは? 息づかいとは?

講師たちと学びを深めることができました

 

 

 

写真は最終日の秋田散策より

真ん中の男性が内田先生♪

かっこいいでしょ^^

にぎやかな 美女軍団(笑) なのに いい感じで馴染んでくださっていて

ありがたかったです♡

 

で、研修@ZAT です↓

 

姿勢とは?

の 話から なんだけど

講師の内田先生♪

私服とは一変^^

座学も実技も うなりますよ~

 

 

脳幹脊髄系 (食べる・寝る・動く  人間の命の根幹)

大脳辺縁系 (感情)

大脳新皮質 (思考)

早口言葉になりそうな 脳 の話から

 

 

赤の反対は?

 

トレーニング と お稽古 の違いって?

 

医学+医術=何?

 

人間の道理 と 自然の摂理 の違い。。。

 

 

一見 姿勢 や 呼吸 とは 程遠いように思うけど

こういうことを解きほどくことで

美姿勢道=身体道 が感じられるようになってくるのだと思う

だから 先生の禅問答のような言葉の投げかけは 私には愉しく感じます

 

 

 

中でも 私が 思わずメモをしたのは

技=大脳新皮質 だという 言葉

 

 

施術を学んだ時期を振り返って

なんだか とっても納得したのでした

 

 

そっか、技は頭(思考)が先行なのかと

 

 

考えずに 感じなさい と

ロミロミの師からもよく言われていた言葉だったな~と

 

 

身体のことを深く掘り下げていくと

結局 同じ場所に たどり着くのかもしれないな~

入口は違えど 掘れば同じ場所に出るから不思議

まあ、掘っているのは私なのだから

その本質は変えようがないのだろうなと

座学のとき そんなことが ひとりごとのように 頭に浮かんできました

 

 

 

禅問答のような話がワークになるのが ZAT流の美姿勢♪

午後は がっつり 実技の時間でしたが

今回の実技も納得のことばかりでした

 

 

背中から ストンと力が抜けてくるのですよね

ハードな動きではないのだけど

姿勢の本質をこれでもか!というくらい突いてくるから

これまた 愉しい♪

 

お水を持ったこのワークも

内田先生の手ほどき^^

忘れていた背中(背骨)の感覚がよみがえってきます

この感覚がよみがえったら

もさっとしたオバサンくさい背中ともおさらばになるはず♡

 

 

骨盤底筋

体幹(体軸)

呼吸

こんな部分に感覚が宿ったら

次は背中へとステップアップですよ♪

 

 

忘れちゃ~いけません

身体は360度あるってことを~(^o^)

 

 

そして、秋田研修での学びや気づきを

どう私のクラスに還元していくのかは

私の腕も見せどころでもあるわけで

 

あの方にはこのワークが

この方にはあのワークが

と、生徒さんのお顔が浮かび

次のレッスンでさっそくお伝えしていきたいと思います(お楽しみに~(*^_^*))

 

 

姿勢 や 呼吸 の手ほどきも

この世の中にはたくさんありますが

私が大事にしたいことは

緩むこと と 力を伝えること(力を入れること)のバランス

 

 

力を入れる、鍛える ばかりじゃつまらないです

その逆もしかり

緩めてばかりでも 面白さが半減しちゃいますから

緩める と 鍛える のバランスをどう磨くか なのですよね

 

 

そんなところを ZAT の内田先生から学んでいる気がするこの頃です

 

 

 

 

 

最終回は懇親会という名の課外授業編へ

 

続く♡ (濃いのよ~)

 

 

 

10月、11月の美姿勢トーニングレッスンはコチラです→★★★