うつくしく姿を整える

美姿勢トーニングのセミナーを受講してきました

麗しの美姿勢トーニングの面々♪

真ん中にいらっしゃるのが講師 内田先生

とても心身に精通されていらっしゃって、スタートから引き込まれ

どの話もとても興味深いものでした

 

 

ボディワーカーなら一度はぶち当たる壁

どうやったら この痛みはなくなるのだろう?

どんなアプローチがこの方を佳い状態へ導けるのだろう?

 

結局、目に見えるものと目に見えないもののバランスなのだということなのだな

そんな風に感じました

 

 

美姿勢トーニングというボディワークを学んだのが3年前

 

シニアへエクササイズ指導と、ロミロミ施術がきっかけになり

高齢者へ どこからのアプローチが健康維持につながるのだろう?

そんな気づきから 姿勢 というところに着目し

そんな時期に目に飛び込んできたのが 美姿勢トーニング というものでした

 

骨盤底筋から姿勢を整える  というもの

 

 

20歳前半の時、エアロビクスのインストラクターとして働いていました

まだまだ体は若く、ガンガンに筋トレもしていた頃

フィットネスの世界には 骨盤底筋 からのアプローチはありませんでした

今から考えると なくて当然だったかもと思うのですよね

なぜなら、畳の生活や和式トイレの生活が当たり前のようにあったから

 

今はどうかというと・・・畳や和式トイレの数が少なくなりましたよね

生理用品、紙おむつ、高齢者用の紙パンツ・・・

一見便利そうに思うけど、、、本当に便利なものなのか?というとそうではなく

人の体を退化させているものなんじゃないかと思ったりしています

 

だって、骨盤底筋群が緩んだ状態になって当然

で、ここ数年 脚光を浴びている筋肉が 骨盤底筋群 というもの

 

トレーニングしなくても当たり前に作動していた部分を

意識してトレーニングしなければならなくなった。。。

 

 

私も産後の体も緩みっぱなしだったのでしょう

骨盤底筋へ意識を向けてみた結果、内腿と腿後ろとお尻の筋肉がつながったのです

そう、体の後ろを使えるようになってきたのです

これってすごいことだと思うのですよね

忘れていた感覚を取り戻せるって とっても嬉しいです

 

 

昨日の内田先生のセミナーは、内田ワールドの入口の入口

大脳新皮質・大脳辺縁系・脳幹脊髄系。。。

こんな話から

 

面白かったです!

 

 

まだまだ使えていない体の部分

昔は使えていたのに、使うことを忘れてしまっている体の部分へ

スイッチを入れてまいりましょう

まずは 呼吸を整える=息づかい

 

そして、佳い姿勢とは

 

1、アゴを引く

2、脇をしめる

3、腰を入れる・立てる

 

これだけのこと

人の体は本当にシンプルです

形をまねていくのではなく

内から変えていけたら最高です

シンプルはとても難しいけど

感じて動く。動いて感じる。

その繰り返しで自由さが増していくなら

頑張りたいです

 

姿勢 というものに着目して

いろんな方のセミナーに出たりもして

自分なりに重ねてきたことが

こうやって より 人の真髄へ近づいていくのだな~と

昨日は久しぶりにゾクゾクしました

 

昨日のセミナーでの気づきや発見は、7月のレッスンやロミロミ施術の際に

お話しさせていただきますね

ご参加の皆様、どうぞお楽しみに♪

 

7月のレッスンへご参加の方へ

7月の大人の姿勢レッスンスケジュールはコチラです→★★★

 

同時にロミロミもぜひ

凝り固まった心と体をほどき、ご自分の楽な状態を知ることができます

トラディショナルハワイアンセラピーロミロミはコチラを→★★★